fc2ブログ

プロフィール

mew

Author:mew
当ブログへようこそ!
ここではポケモンカード等の収集レポートを綴りながら、ポケモンフリークであるみなさまとの交流を目的としています。

カードやシールその他グッズの交換や、買い取りについてはこちら
交換について
をどうぞ。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

訪問者数

累計アクセス数

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSS

第11回年末年始スペシャル 後篇




新年あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします!



ポケモンカード イラストランキング 5選!の後篇です!3位からですね。



第3位

アブソルex




20231230_114530.jpg



選評:昨年につづいてのexです!ここまでどアップのアブソルは意外とないので、キリッとしたお顔とダイナミックに振り下ろされる爪をいいなぁと思った人はぜひ手に入れて生で見ちゃってください!



第2位

ハクリュー



20231230_114609.jpg


選評:ハクリュー!今年は辰年なのでぴったりです!!
地図にない街のような場所…というか、ゼルダにハマってる私としてはティアキンにありそうな場所だなと思っちゃいますが(*´ω`*)頭あたり、よじ登ったらコログがでてきそうですね!



そしていよいよ栄えある第一位です!





第1位


サーナイトex


20231230_114623.jpg




選評:美しいサーナイトのsarです!一番最近のパック収録なので、かなりギリギリに選評ラインに入ってきました。
スマホを通して見るより、実物は断然キレイなのでぜひ実物を見ちゃってください!イラストのなかのウパーのように見惚れちゃうこと請け合いですよ\(^o^)/


さてさて、今回もごらん頂きありがとうございます!

それでは今年の目標を決めてみましょう。

う~ん・・・

1.ミュウのポケ蓋を生で見ちゃう
2.アプリケーションパックのミュウを入手する
3.ロシア語版のミュウを入手する


にしようと思います!




パソコン/スマホの前のみなさんも、それぞれの目標をたててみてください!応援してます!

  令和六年 辰年 元旦  

第11回年末年始スペシャル 前篇



こんばんは!
今年もやってまいりました毎年恒例の記事です・・・!

今年も色々あった年でしたね・・・。バブルの崩壊が一番印象的でした!これからは、普通に買えるようになっていけばいいですね(*´ω`*)



ここで年明けの目標をふりかえってみると…!!


1.ミュウの未所持PSA10を5枚入手する
2.アプリケーションパックのミュウを入手する
3.ロシア語版のミュウを入手する

このなかで達成できたのは・・・!



1.ミュウの未所持PSA10を5枚入手する


まあ達成できるだろうな、というのでつけてたので順当ですw


来年の目標は例によって後篇で発表しようと思います。

さてお待たせしました!

第11回 ポケモンカード イラストランキング 5選!

それでは、ルールを確認しましょう。

・所持しているカードの中からしか選出しない

・ミュウからは選出しない

・旧裏、新裏問わず選出。

それでは、イラストと、簡単な感想をいっしょに紹介していきます!マイベストイラストを思い浮かべてみて、記事に入選しているかどうか試してみても楽しいかも?

第5位

ヒトカゲ


20231230_114449.jpg




選評:復刻版のヒトカゲです!初代のほうのイラストももちろんいいですが、こちらも目がよりカワイクなっていて、付け火されても許せそうな愛らしさがあります(*´ω`*)

第4位

キュウコンex

20231230_114515.jpg





選評:遠い過去に存在したexが令和によみがえりました!
見切れていてわかりにくいですが、右下の方に炎を吹き出しているのもクールな、いやホットなイラストです!



それでは、前篇はここまでです。後篇は、元旦に公開予定ですので、お楽しみに!

投資としてのポケカ



半年前にかいていたけどアップできてなかった記事があるので、タイムスリップさせてあげてみることにしますw

こんにちは。
ふと久しぶりに累計訪問者を確認してみたら3万人をこえていました。
PCGバブルのために見てくれる人が増えていたのかもしれませんね。ちょっとびっくりです。
今日はいつもよりちょっと長い文になりますが、タイトルのとおりのことを色々と書いてみたいです。

Twitterでは2021年ほどからポケカ投資勢といったネームのアカウントが増えたり、BIO=自己紹介欄に書き込む人が増えてきたように思います。(時期についてあいまいなので、もう少し早くからいたかもしれません)このブログでも、何度か市場価格の高騰をとりあげてきましたが、近年散発的に起こるポケカ空き巣や強盗などの事件がヤフーニュースや全国紙新聞で扱われたため、これまでに興味のない層にも社会現象として伝わるほどだったと考えています。

2023年5-6月の高騰と暴落はとくに多くの人に注目され、ポケカ投資が盛んに話題になりました。ここで、ポケカの投資という社会現象には転売という側面があり、否定的な意見も多いです。ここでいう転売問題は主に新発売のパックが転売屋によって品薄状態にされ、定価で入手することが難しいことを指しています。

私個人が新発売されるパックについて不満に思うところは、先日新しいパックである「ポケモンカード151」のボックスを購入するため京都のヨドバシカメラに並んだのですが、購入に至るまで3時間立って並んでいたということで、箇条書きにしてみると

・3時間立って待つのはさすがにきつい
・封入されているカードが大量生産のために印刷の質が犠牲になっているのがきつい
・昔、駿河屋で予約すると定価より安く買えた時代にもどってほしいとまでは言わないけれど、当日ポケモンセンターに開店1時間前に行ってればボックス、サプライは確保できるくらいの時代にもどってほしい

というところです。多分、これを読んでくれている人も似たような不満は持っているんじゃないかなと思います。あっ、「ポケモンカード151」は開封してみたらこの子が入ってました。これなら並んだ甲斐があるよ、やったね!



高騰の歴史をざっくり定義してみると
私がコレクターをはじめたのがちょうど10年前の2013年たぶん3月なので、そこからの情報になります。
もしこんな高騰もあったよ~っていう情報を知っている方がいましたら、コメントに残してくだされば加筆します!

第一次旧裏マークなし高騰
高騰時期---2013年8月

旧裏面ってこんなに価値があったのか!? - ミュウ(旧裏・新裏)コレクターのブログ


かなり早い時期ですが、これも高騰として記憶にのこっています。

ポケモンカードの高騰 - ミュウ(旧裏・新裏)コレクターのブログ



2016年あたりでも波があった記憶、この頃はリーリエのデッキシールドが争奪戦になったり、デッキシールドの購入個数が制限されてしまうようになったり、色々なことがあったと記憶しています。ポケモンセンターの販売体制としてはここが一番変化が大きかったのかも

2020年からPSA鑑定が日本でも広まった
最初の頃は1000円で1枚鑑定でき、戻ってくるまで3カ月ほどだった
2021年3月以降料金が何度か値上げされ、戻ってくるまでの期間も半年を超えるようになった。この過程で相当数鑑定を行う人が増えたのだと思う

バブルが崩壊するためにはなにが必要?

・ポケカより人気のあるコンテンツの登場
これは仮に、ヴァイスシュヴァルツなど他のカードゲームがPCGより収益が見込めるということになったら大移動が起こり、今よりPCGの市場規模が小さくなり急激な騰落は起りにくくなると思う

・コレクターが減る
投資勢の中にもイラストが気に入ったカードを購入して手放さず所持する人がおり、それが潜在的に需要曲線を上にシフトさせ、供給曲線の交わる点をより高い位置においている。コレクターが減ればその分需要が減り、価格も下に落ち着きやすくなる

・イノベーター理論で見ると自分はどの位置?

一番価格がボロボロだった時代は2010年頃なので、その時期を起点にして考える
ポケカコレクターとしては店にポケカがそもそも置いていない時代から購入やトレードをしていた人がイノベーター
そこからぽつぽつポケカが店でも買えるようになってきたころに目をつけ参入した人や
2016年の盛り上がりから目をつけて集めた人がアーリーアダプター
コロナ発生後女トレーナーの高騰を切っ掛けとして、またはイーブイヒーローズ以降に参入した人がアーリーマジョリティ

グーグルトレンドで見るとこんな感じ

・PSA鑑定を基準にして評価する場合は
日本支社ができた2018年と、それ以前から鑑定品を所有していた人がイノベーター
2018年の終わり頃から鑑定費が3000円台に変わる前に鑑定を行えた人がアーリーアダプター
2021年3月以降の鑑定費が高くなったあとから鑑定を始めた人がアーリーマジョリティ

分類するとしたらこんなところかなと思います。


・ビックリマンのコレクターとの違いは?
コレクションをする対象となる人が国内に多いが、海外には少ない→ポケカは海外でもとてもよくコレクションされている
実際にこのブログでも代行業者の話を記事にしたことがある
昔はヤフオクだったが、今はメルカリ
こちらにも代行業者は活発に購入している

記事の通り、代行業者は高い手数料がかかるがそれを乗り越えてでも購入したがる
その理由は日本でPSAが全く流行っていなかったが付加価値がつくことに早くから目をつけた人がいた→円高でも手数料を含めた高値でも美品を買いあさるメリットがあった

日本で生まれたカードゲームなので、そのリスペクトとして本家本元を手に入れたい→これは私もよく理解できるところで、MTGなどは英語版が好きで買っていた(特に初期のもの)
日本のカードのほうが紙質、印刷技術が高い
これはSRなどの溝加工を海外のものと日本のもので比較して見て貰えればよくわかるが、とても凝っている
国内コレクターの中ではBW、XYのSRのギラギラ感は評価が高いので注目してみてもらいたい
紙質については近年は生産時の裁断傷が酷い。一番品質が安定していたのは2016年頃のように思う
ちなみに、海外のカード(特に米国、欧州)は昔から裏面のふちの白かけが酷い

・投資としてのポケカのこれからは?

どうなるかは大手ショップが荒稼ぎを続けるかやめるか、そして市場参加者の集団心理がすべてになるが、基本的にコアなコレクター層の需要のある古いカードやレアなカード、イラストの評価が高いカードは手堅い資産になると思う
ただし、PSAの偽物も見られるようになったので鑑定品を買うときは注意して、信用できる取引相手かどうかを検討したうえで購入して欲しい

ぶっちゃけてしまうと、ポケカバブルがはじけてくれたら比較的新しいけどイラストの良いカードがひと昔前のように安く買えるのでありがたい
けどそういうカードも年月が経って古くなるとどうしても美品が減って稀少になっていくので、リーマンショックのような不景気や円高がこないと10年前のように安く買える日は来にくいのかなという印象もあります。




≪前のページ≪   1ページ/98ページ   ≫次のページ≫